スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

国民の責任

JUGEMテーマ:政治家



新聞に投稿する用に書いたもの。
結局出さなかったけど、授業で思ったので。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
二代続いて総理大臣が任期を終えないうちに退き、新しい総理の支持率は20パーセント近くまで落ち込んだ。政治家は何をやっているのだ、責任を果たせと、つい先日まで考えていた。
 今メディアが国民に伝えるのが政治家の非や責任追及ばかりなのは事実だろう。実際、私たちが耳を傾けやすいのもそういう内容である。連続して政権を放棄した内閣のイメージのせいか、新内閣にも信用を抱けず、批判的な流れが出来てしまったのは仕方のないことなのかもしれない。しかし、学校の授業で私のこの考え方が変わった。
 民主主義というのはかつて天皇が政治家を任命していた時代とは違って、常に基盤となり一番上にいるのは国民である。先生曰く、政治家を選んだのは私たち国民であり、選ばれた「国民の代表」としての政治家の出来が良くないなら、悪いのは選んだ私たちだということだった。完全に国民一人ひとりの意見が反響されるわけではないが、彼らを選んだのはまぎれもなく私たち国民なのである。
 多数決で選んだ学級委員がクラスの望まぬ方向に進む時、彼らのダメな所を列挙し、批判するのではなく、クラスがよりよくなるように意見を伝え、協力し、指示する必要がある。国も同じだ。支持せずとも国を良くしてくれるなら逆に支持など必要ないのである。支持不支持は賛成反対や人気投票ではなく、協力する意思の有無ではないだろうか。今この国に必要なのは自分たちで選んだ代表を支えるという「国民の責任」だと思う。感じを読み間違えようとも今の総理大臣は麻生さんなのだから、この今ある内閣を成功させることが、国民の責任なのではないだろうか。

at 13:46, ウシオカスミ, 小言

comments(0), trackbacks(0), - -

献血をしましょう

JUGEMテーマ:献血


献血は今までで四回した。
でも、献血ルームに行ったのは7回。
ヘモグロビンが足りないとか、白血球が多いとか。
出来る時と、出来ない時がある。
本日も新年一番最初に行ってきたんだけど、残念!駄目でした;;
白血球多すぎだって。
そんな奴が言うなだけれども、献血、みなさんしましょう。

何と神奈川県は全国で一番献血者数が少ないらしい。
由々しき事態だ。横浜のクロスポートという献血ルームは居心地が良くて好きだから良く行くが、全国でも最大級の献血ルームなのだ。
なのに、神奈川県では、献血者数が少ない。
人口何人だと思ってんの?沖縄よりも少ないの?

針なんて痛くない。
痛いけど。でも、いいでしょう、分けてあげればさ。
時間なんて少しじゃん。
たいしたことじゃないから、献血、皆でしましょう。
エラそうなことは、いえないんだけど。

at 16:26, ウシオカスミ, 小言

comments(0), trackbacks(0), - -

人間の興味の対象

JUGEMテーマ:つぶやき。


ブログでいろいろなことを書いてきたが、その殆どが書評である。
日記というのは本来日々の自分の活動や思ったことなどを書きとめ、それを自分で未来において思い返すためのもので、ブログにはそこに「他人も見ることが出来る」というオプションが加わっただけのものだ。

つまり、そういう理屈っぽいところでこのブログを分析させてもらうと、ウシオは自分の日常の感情を直接書くことでオンラインに残して、それを未来で見れるようにしたいわけではなくて、自分のそのときの人間レベルや感情を、そのとき見た、読んだ作品の評論から知ろうというわけだ。

自慢ではないが毎日毎日、代わり映えしない毎日を送っているから、忠実に日記なんて囲うものなら「他人も見ることの出来る」意味のない面白みのない物になってしまうわけである。

で、あるからして、ブログというのは他人に見てみたいものである。ジュゲムには子毎回ランキングが分かるシステムはないようだが、あると皆参加するのではないだろうか。カウンターシステムはフリスペにはったヤツがはどうも上手く反応してくれなくてはずしてしまったが、やはりどのくらい皆の興味のある記事を自分が書いているかは、知りたいものである。

自分の書いている記事の中でも、自分の感情を十分に確かめるのに「蓄積」を目的として書いているのが、本や映画の評論である。だから、こちらは皆に見てもらうことも目的だが、自分で見ることも目的の大きな部分なのだ。

しかし、このブログにおけるカテゴリ「考察」は、圧倒的に他人の評価を期待するものである。自分考えを率直に述べる、数少ない記事だからだ。だが、アクセス解析を見てみよう、こちらは殆ど、興味の対象にはなっていないのである。

実際分からない、世の中の興味の対象が、今どこに向いているのか。
今朝テレビでお笑い芸人ナガイカズヨシが帰国し、離婚するという報道をしていたが、正直報道陣が注目しなかったら、興味の対象にはならなかったのではないだろうか。興味とは、報道が握っているものだというのも、確かなことだろう。

こうかんがえると、新聞記者や報道関係の仕事をしている人というのは、鈍感ではいけないなと感じる。興味のある仕事だが、なかなか難しいのかもしれない。

at 15:54, ウシオカスミ, 小言

comments(0), trackbacks(0), - -

半ギレ気味「昔ながらの中華そば」

JUGEMテーマ:つぶやき。

誰か聞いてくれ。
ちょっとこれ、おかしくないかい??


マルちゃん、「昔ながらの中華そば」のパッケージ裏面。
めんのこだわりを説明した欄に、ウシオ爆笑。


「昔ながらの本当のうまさを追い求めたらこうなりました。」


・・・・なんか怒ってない??
こうなったんだから仕方ないじゃん!みたいな・・・;;

いや、こんな事を記事にするなんてくだらないんだけどね、あまりにも「えぇえええ」だったので。
普通さ、もっと

「昔ながらの味の研究の末、生まれたのがこの中華そばです」

とか、

「追い求めた先にあったのがこの中華そばでした」

とかね。
「追い求めたら、こうなったんだよね。研究の成果って言うよりは、偶然?必然?運命?
どっちにしろ俺らのせいじゃねぇよ。


・・・・せつないっすね・・・。

at 13:05, ウシオカスミ, 小言

comments(0), trackbacks(0), - -

初回。

以前はブログといわれるものをやっていたが
わけあって止めた。

もう一度始めようと思ったきっかけは
学校の授業。

個人で選択する科目が多くなったが
不真面目なウシオは類型科目と呼ばれる趣味の科目を多く選択しているため
先生も独特の専門家(?)が必然的に多く
話も専門的、というよりはマニアックだ。

その分、濃い話が毎回聞けるわけで、
先生のいろんな意見を聞いていると
自分も考えさせられる。

数学や英語の授業より、よっぽどたくさん頭を使う。
まとめるところが必要だったし
意見を聞いてもらうにはいい機会かなと。

それから、ここ三週間くらい、本をまったく読んでいない。
ウシオは趣味は読書としているが、読むときはすごい勢いで読むくせに
いったん離れるとなかなか元に戻らない。

将来本職を定年退職したらほんの評論家になりたいと思っている。
たくさんの本を紹介できる場があればたくさん本を読むだろうな、という単純思考回路と
評論分の練習になればいいなという希望の賜物で
こうやって完成したわけだ。

ちなみにタイトル「染赤Shadow」は
森博嗣著「スカイクロラ」に出てくる戦闘機の機体名「染赤」と、
私が近々乗りたいなと思っているバイク、HONDAのShadowからとった。

ブログとは本来オンラインの日記のことだが、
これからウシオが書いていこうとしている記事には
日にちというものがあまり関係なくなるだろう
どうかとも思うが
長く続けられたら
いいよなぁーーー(溜息。

at 12:21, ウシオカスミ, 小言

comments(0), trackbacks(0), - -