<< 男たちは北へ | main | パーフェクト・ワールド >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

ミッドナイト・エクスプレス

評価:
ソニー・ピクチャーズエンタテイメント
¥ 4,800
(2004-09-08)
Amazonランキング: 50381位
Amazonおすすめ度:
何処までが事実なのか分からない
力のある映画。
臨場感がすごい


日本語で「深夜特急」
なんでも、刑務所用語で脱獄を指すらしい。
いやいや、脱獄したくもなるよ、こんなんじゃあ。
そこにあるロマンが、犯罪者がなすものなのに格好よく見えてしまうのは、映画だからか。
いい作品でした。最初ドキドキですよ。

★あらすじ★
1970年、ニクソン政情下のアメリカは、中東諸国との関係を悪化させ、険悪な政治情勢が続いていた。そんな折、イスタンブール空港から、たまたま2キロのハシシ(麻薬)をアメリカへ運び出そうとしていたアメリカ青年ビリー・ヘイズ(ブラッド・デイビス)はハシシ密輸の罪で官憲に逮捕された。彼とトルコ当局の間に介入してきたのは、合衆国領事館の人間だと名のるテックス(ボー・ホプキンス)という男で、彼はビリーに売人逮捕への協力を要請した。やがてビリーは、セイガミルカー刑務所に移され、途方もない恐怖と孤独感に襲われる。 

at 14:48, ウシオカスミ, DVD・ビデオ

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 14:48, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment









trackback
url:http://s-shadow.jugem.jp/trackback/132