<< 男たちの大和 / YAMATO | main | 今宵、月が見えずとも リリース前日の必死さ(笑 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

亡国のイージス



邦画にしては迫力もあり、ストーリーも強い、若干難しいのだけが難点のいい作品に出会いました。「亡国のイージス」、おすすめです。

☆あらすじ☆
海上自衛隊のイージス艦「いそかぜ」副長(副艦長)の宮津弘隆2等海佐は、東京湾沖で訓練航海中に某国対日工作員のヨンファと共謀の上、艦長を殺害し「いそかぜ」を乗っ取った。彼らは乗務員を強制的に退艦させ、日本政府に宣告する。
「現在、本艦の全ミサイルの照準は東京・首都圏内に設定されている。その弾頭は通常にあらず」彼らの手にはわずか1リットルで東京を壊滅させる特殊兵器「GUSOH」があった。防衛庁情報局(DAIS)の渥美大輔内事本部長らが事態解決に当たるが、最新鋭の防空システムを持つ「いそかぜ」を前に、政府になす術は無い。
そんな中、艦の構造を誰よりも知る先任伍長の仙石恒史は、「いそかぜ」を取り戻すべく、たった一人で艦へと引き返す。なぞめいた乗務員、如月行1等海士はテロリストの一味なのか、それとも・・・。
温厚で部下の信頼も厚かった宮津が反乱を起した理由とは?政府が特殊爆弾による「いそかぜ」の爆撃を決めタイムリミットが迫る中、仙石はヨンファたちと死闘を繰り広げながら意外な真相へとたどり着く・・・。(http://aegis.goo.ne.jp/より)

全体的に高評価しやすいポイントが多い。まず、お涙頂戴の家族を想い守るとか、仲間と家族を秤にかけるというのが無い。いい加減面倒くさくなってきたところなのだ、イージス艦の仲間たちと、自分の責任ある艦を守るという、視聴者にとっても明確な感情が、いい。

さらに、映画アンフェアでも見られるバイオ系のテロや爆弾を使った話ではとかくありがちな方面に行かないこと。なんというか、これだけ普通に涙を流せる作品を作りやすい状況にあるのに、そのツールを会えて使わないところが、すごいかも。

しかし別にストーリーが意外性で満ち満ちているわけではない。ありがちな話なわけではないが、突飛なわけでもないのだ。個人的には本当に普通に楽しめる作品で、なんといっても真田さんが格好よぎる。何だその体格は?!どうやって鍛えたんすか!?日本人にはあまり見られないいい体格だ。消防士とか見ると、皆さんああいう体格だから、やっぱり訓練している人は違うのか・・・。でも真田さんは俳優だからね。よく映画とかで「こいつには助けてもらいたくない」とか云うやつが普通に肉体系の役やっていたりするけど、マジ無理あるからね。

何がこの映画をダイナシにしているのか。
いやいや、全然ダイナシじゃないんだけどね、でもこれはないだろう、つうのが、裁縫のシーンで、女優がお墓参りするところ。演技下手でびっくりしてしまいました。なんだあれ。棒読みジャン。

あとは、9条の問題に関してはウシオも前に何度か記事にしたと思うんだけど、そういうのを考えるのに、いい作品かもしれない。個人的には真田さんを堪能するだけでもいい作品だと思うが、彼の格好よさを抜いてもいい作品です。やっぱり日本が今考えるべきは、9条の問題と、環境問題だと思う。


評価:
福井晴敏,長谷川康夫,飯田健三郎
ジェネオン エンタテインメント
¥ 1,424
Amazonランキング: 23871位
Amazonおすすめ度:
買うほどの価値はない
かっこよすぎるだろ、
ザ・ロックの影

at 14:47, ウシオカスミ, DVD・ビデオ

comments(2), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 14:47, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment
I・N, 2008/12/16 2:28 PM

ローレライもいいですよ。音楽の方が自分は好きかな

ウシオ, 2008/12/19 2:16 PM

I・Nさん>
コメントありがとうございますww
そそ、ローレライ!同じ海の戦艦っぽい系の映画がもう一個あったよなぁーと思って、めちゃくちゃ探してたんですよ;;役所さんとツマブキ君のですよね?見てみますー。
曲は結構映画で重要なところですよねぇ。










trackback
url:http://s-shadow.jugem.jp/trackback/69