スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

ボーンスプレマシー

評価:
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
(2005-12-23)
Amazonランキング: 16154位
Amazonおすすめ度:
続編の期待が膨らみます
「ボーンアルティメイタム」との繋がり
復讐の旅から・・・

 
★あらすじ★
ジェイソン(マット・デイモン)とマリー(フランカ・ポテンテ)は人目を避け、インドのゴアで暮らしていた。相変わらずジェイソンの記憶は戻っていなかったが、町で見かけた男(カール・アーバン)が暗殺者と気づき……。(シネマトゥデイ

at 14:32, ウシオカスミ, DVD・ビデオ

comments(0), trackbacks(0), - -

ラットマン

評価:
光文社
¥ 1,680
(2008-01-22)
Amazonランキング: 8988位
Amazonおすすめ度:
うまい!
3.5点です。オチの為にすべてがあるのが最後に見えすぎる。
巧みな文章表現で上手く騙された

JUGEMテーマ:ミステリ

道尾秀介作品二作目。
やはり作風としては伊坂に近い感じを覚える。
ありがちな作品なきもしないでもないが、うぅん、おもしろいのでは。という感じ。

★あらすじ★ 
川はアマチュアバンドのギタリストだ。高校時代に同級生3人とともに結成、デビューを目指すでもなく、解散するでもなく、細々と続けて14年になり、メンバーのほとんどは30歳を超え、姫川の恋人・ひかりが叩いていたドラムだけが、彼女の妹・桂に交代した。そこには僅かな軋みが存在していた。姫川は父と姉を幼い頃に亡くしており、二人が亡くなったときの奇妙な経緯は、心に暗い影を落としていた。ある冬の日曜日、練習中にスタジオで起こった事件が、姫川の過去の記憶を呼び覚ます。――事件が解決したとき、彼らの前にはどんな風景が待っているのか。新鋭作家の新たなる代表作。 (e-honより)

at 14:29, ウシオカスミ, 小説

comments(0), trackbacks(0), - -

奇蹟の輝き

評価:
日本ヘラルド映画(PCH)
¥ 4,331
(2003-06-18)
Amazonランキング: 69766位
Amazonおすすめ度:
愛する人と一緒に・・・
生きているうちに愛し合おうよ
史上最高の映像美!


初めて見たのはこの映画が出てすぐの頃だと思う。
母親の勧めで見た映画だったんだけど、何もかもが感動で。
忘れられないシーンが数多くあった。
それから何年ごしかに見る。
やはりいい作品だと思う。トンネルのシーンとか、コーヒーを飲むシーンとか。
マジおすすめ。

★あらすじ★
医師のクリス(ロビン・ウィリアムス)は愛する妻アニー(アナベラ・シオラ)と二人の子供イアン(ジョッシュ・パドック)とマリー(ジェシカ・ブルックス・グラント)に恵まれて、幸せな日々を送っていたが、ある日不慮の事故で子供たちを失い、悲しみに沈む。ほどなく、彼自身も事故で命を落とし、天国へと召された。かつての恩師アルバート教授(キューバ・グッディング・Jr.)と出会い、彼に導かれてロマンティックな天国で歓喜に浸るクリスだったが、地上では子供と夫に先立たれたアニーが悲しみのあまり自殺してしまった。自殺した者は地獄へと落とされてしまう。これを知ってショックを受けた彼はアニーを救うために天国を出て地獄へと旅立つ決心をする・・・(goo映画より) 

at 14:25, ウシオカスミ, DVD・ビデオ

comments(0), trackbacks(0), - -

カラスの親指

評価:
道尾 秀介
講談社
¥ 1,785
(2008-07-23)
Amazonランキング: 7385位
Amazonおすすめ度:
ミステリーなのか、それとも中年と若者の群像劇なのか
父娘もの
何かもの足りない

JUGEMテーマ:ミステリ

道男秀介作品初。
これ、漢字あってるかしら・・・。
雰囲気としては非常に伊坂に似ていると思う。
2009年このミストップ10にニ作品もはいっているのはマジすごい。
注目です。話も面白い!

★あらすじ★
詐欺を生業とする中年2人組の生活に、1人の少女が舞い込んだ。2人は戸惑うが、同居人はさらに増え「他人同士」の奇妙な共同生活が始まった。失くしたものを取り戻すため、過去と訣別するため、彼らが企てた大計画とは!? (オンライン書店ビーケーワンより)
 

at 14:21, ウシオカスミ, 小説

comments(0), trackbacks(0), - -

犯意−その罪の読み取り方

評価:
乃南 アサ,園田 寿
新潮社
¥ 1,575
(2008-08)
Amazonランキング: 42420位
Amazonおすすめ度:
裁判員参加に備えて罪状の確認と整理に最適。
法廷が必要とする「事実」と小説が必要とする「事実」
現実をしっかりみつめたい

JUGEMテーマ:ミステリ
敬愛する乃南先生の作品。
短編数編と、話ごとの内容解説。
ミステリに基づいて、事件が一般的にどう見られるのかを検証。
ためになる本です。
ミステリを普段読んでいる実としては、あらためて考えさせられる本。

at 14:54, ウシオカスミ, 小説

comments(0), trackbacks(0), - -

ブラック・レイン

評価:
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
¥ 1,789
(2007-05-25)
Amazonランキング: 11913位
Amazonおすすめ度:
20年前の大阪・・・
ありえない・・・
松田優作の存在感、アクションは特別

JUGEMテーマ:おすすめの一本!!
松田優作初挑戦。
ユウサクの漢字が違うかな・・・。

色的にも素敵ww
つうか松田さんはやっぱり格好いいな・・・
息子たちも然り、一家丸ごとはまりそうだ。
お勧めはナンだろう。

at 14:48, ウシオカスミ, DVD・ビデオ

comments(0), trackbacks(0), - -

ベンジャミンバトン

 二月ぶりの映画館での鑑賞。
ファーストデイなので、平塚で見ることに。
とくに見る気もなかったんだけど、せっかくアカデミー賞とったので、
見ることに。今年は二本目だ。

めちゃくちゃ期待してみたんだけど、
それほどではない。おもしろかったけど。
ブラットピッドがどのくらい若くなるまで演じるのだろうという疑問で終始あたまがいっぱいで・・・。
一番若い時のブラピはヤバい。
いやぁ、めちゃくちゃ格好いいですよ、えぇ。無理な部分もあったけど、
そこじゃないもんなぁ、ポイントは。

だらだら長く感じるかと思ったが、そこまでじゃない。
若干ね、思うところもあったにはあったけど。
一番気になるのは、雷に打たれた人だなぁ。あれ全部で7個いった?一個いってないよね?気になるわぁ。

at 15:46, ウシオカスミ, 映画

comments(0), trackbacks(0), - -

独白するユニバーサル横メルカトル

評価:
平山 夢明
光文社
¥ 1,680
(2006-08-22)
Amazonランキング: 154410位
Amazonおすすめ度:
独創の極み
特に読むほどのものでもない
「このミス1位」に騙されないで!

JUGEMテーマ:ミステリ
まぁ、まず感想は
「なんつうタイトルですのんお客さん」
だよなぁ。平山夢明初挑戦。
若い世代にも売れている作家だよなぁ。
なんかポップティーンだかなんだかで連載してない?
すごいなぁ。

短編は基本的に不得意なんだけど、
母が薦めるので読むことに。なんでも3Dアニメーションで映像化するらしい。
その折には見たい気もするが、作品自体は別になんてことなかった。
ホラーというよりは本来の意味でのミステリー??
「推理小説=」のじゃなくて、怪奇現象をつづった話つうか、ぶっちゃけると奇怪な話。
全体的にウシオは面白い面白くないのむらがはげしい短編集だけど、おもしろいのもあった。 

at 15:36, ウシオカスミ, 小説

comments(0), trackbacks(0), - -

煙か土か食い物

評価:
舞城 王太郎
講談社
¥ 1,050
(2001-03)
Amazonランキング: 238686位
Amazonおすすめ度:
文学版キッドA
これが小説だと思う
奇麗事抜きに愛を謳っている傑作

JUGEMテーマ:ミステリ

本当はこういう砕けた文章は好きじゃないんだけど、
いい感じに洗練されていて面白かった。
メフィスト賞はそれほど評価できる賞とは思っていないが、
いい作家は多く排出している。。。。と思う。
作家もなんだかふざけたペンネームだが(舞城王太郎て・・・)、でも許せるかも。
その証拠に文章はたぶんめちゃくちゃうまい。
どたばたな部分もあるが、いい作品。
中間回想が若干クドいけど、そこくらいかな。 

at 15:33, ウシオカスミ, 小説

comments(0), trackbacks(0), - -

ジョーカーゲーム

評価:
柳 広司
角川グループパブリッシング
¥ 1,575
(2008-08-29)
Amazonランキング: 5158位
Amazonおすすめ度:
良質の本
パッケージ
読み手が試される

JUGEMテーマ:ミステリ

今年のこのミス作品トップ10読破に向けて、
今度はこちら。二位だっけ、ジョーカーゲーム。
ミステリ界にまだまだ疎いウシオはこの作家作品は初。
有名なのかしら。

短編かと思いきや、一連の話にはなっている。
短編は不得意なんだけど、こういうのは好きかも。
いろいろ楽しめて、で、飽きない。満足感にはかけるけど、ミステリとしてはいいかもしれない。 

at 15:26, ウシオカスミ, 小説

comments(1), trackbacks(1), - -